グリーン車と普通車の違いは何でしょう?

グリーン車と普通車の違いって何ですか?知れば価格差に納得?

 

グリーン車とは、JRの特急車両。
四つ葉のクローバーを形どったマークの下に「GREEN CAR」と書かれている車両がグリーン車です。

 

ここでは新幹線のグリーン車と普通車の違いについてご紹介します。

 

料金は、グリーン車の方が高い。
これはご存知の方も多いと思います。

 

しかし、新幹線のグリーン車と普通車とでは、何がどれぐらい違うのかは知らない、という人も多いと思います。

 

では、さっそくグリーン車の違いについてご紹介します。

普通車とグリーン車は座席幅が違う

一部新幹線に例外があるものの、普通車は通路を挟んで左右に3席かける2席という座席構成に対してグリーン車は2席かける2席という違いがあります。

 

新幹線の幅は普通車とグリーン車で同じですから、座席の幅がグリーン車の方が明らかに広く余裕があると分かるでしょう。
自由席と指定席は同じ普通車という仕様であって、グリーン車のみが指定席かつグリーン席という特別仕様です。

 

実際に座ってみると、座席の横幅だけでなく前の座席との間隔が広くなっていて、普通車には無いフットレストが設置されています。
シートのピッチ幅は、標準的なグリーン車で1,160mmとなっているので、普通車の1,040mmよりも120mm程度余裕があるわけです。

 

また、通路を歩く際に絨毯がふっくらとしていて足音があまりしないことに気がつきます。

 

グリーン車は出入りが少なく静か

特別な繁忙期を除いて通常期に新幹線へ乗車すると、グリーン車内は乗客がまばらで1人で乗車した際に隣の席は誰もいないことが多いです。

 

座席指定時に窓際席が取得出来た時には、通路側には誰もいないと考えて良いです。
各座席にコンセントが設置されていて、読書灯があるのでゆったりと寛ぎながら目的地まで読書することも出来ます。

 

初めてグリーン車へ乗る人は、なぜ読書灯が用意されているのか不思議に思うでしょう。
実は、グリーン車の証明は普通車よりも暗めに設定されているので、細かい文字を読む時のために読書灯が用意されているわけです。

 

暫く乗車していても、通路を通る人数が明らかに少なくグリーン車自体の出入りが少ないことが分かります。
年末年始やお盆時期に普通車で騒ぐ子供にウンザリした経験がある人ならば、グリーン車の落ち着いた感じは安心してリラックス出来るはずです。

 

グリーン車は100kmごとにプラス料金が必要

新幹線に乗車する際には、乗車券に加えて新幹線特急券が必要になりますが、グリーン車へ乗車する際には別途グリーン券が必要です。

 

グリーン券は距離に応じた料金体系となっていて、100kmごとにプラス1,000円前後必要になると考えれば計算しやすくなります。
新幹線の速度は時速220km〜320kmの範囲で路線と車輌により異なりますが、飛行機ほどの速度は出ないために距離に応じて滞在時間が長くなります。

 

グリーン料金は、時間に応じた料金体系に近づけて設定されていると考えれば、新幹線特急券にプラスしてグリーン券が必要になると理解しやすいです。
快適なシートで長く過ごすことが出来れば、行き先まで疲れずに済むわけです。

 

最短経路で乗り降りしたいならグリーン車が良い

グリーン席のメリットは、座席に余裕があることだけではなく、グリーン車の位置が車輌中程にある点にも注目すると良いです。

 

グリーン車の位置は、新幹線の車輌構成により違いがあるものの概ね中心車輌の1つ隣りという設定が多くなっています。
短い8両または10両編成ならば4号車、12両編成ならば4号車と5号車が割り当てられているケースが多いわけです。

 

新幹線停車駅に乗り降りすると分かるように、グリーン車が停車する位置には近くにエスカレーターとエレベーターが配置されていることが分かります。
各停車駅を比較しても、グリーン車が停車する位置は最短経路で乗り降り出来るように配置されるという配慮が行われています。

 

このため、少しでも歩く距離を少なくしたい同行者がいる場合には、グリーン車を選んであげると優しい配慮が可能です。

 

専属のグリーンアテンダントに聞いてみよう

新幹線のグリーン車へ乗車すると、在来線とは異なりグリーン車には専属の車掌とグリーンアテンダントがいます。

 

おしぼりサービスと飲み物無料提供が行われますが、車内販売品が欲しい時やブランケットの貸出もすぐに依頼可能です。
車内に関する事項をグリーンアテンダントへ尋ねるだけですぐに回答してもらえるので、グリーン車ならば困ったことをすぐに相談出来ます。

 

グリーン車には時刻表が備えられているので、降車後の乗り換えについても調べることが可能です。
グリーン車専属の車掌へ聞くと、降車駅からの乗り換えルートを案内してくれることもあります。

 

この記事を書いた人

 

ペンネーム スーパームーン
プロフィール 北関東在住の40歳男性です。子供の頃に長野新幹線が開通して以降、上越新幹線だけでなく様々な新幹線へ乗車するようになりました。平日はいつも空いているグリーン車へ初めて乗った時には、思わず感動したものです。