ハワイの島をご紹介!

海からみたハワイの島

 

日本からも毎年多くの人が訪れるハワイ。

 

ハワイと一言で言っても、ハワイには約130もの島から成り立っていることはご存知ですか?
小さな島もいくつかあり、訪れることができる島となるとグッと数が減っていきます。

 

また、ハワイの主な島は8つに区分されますが実際観光ができる島は6島です。
今回ここでは、観光ができるハワイの魅力的な6島、ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島についてご紹介します。

 

ハワイの島々、メイン6島とは?

ハワイ諸島はアメリカ合衆国のハワイ州にあります。

 

ハワイ諸島には約130の島にも及んでいますが、主となる島は、ハワイ島、カウアイ島、オアフ島、モロカイ島、ラナイ島、マウイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島です。

 

その中でも実際に人が住んでいるのは7島で、観光客が入ることができるのはハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島の6島です。

 

 

オアフ島

オワフ島

 

オアフ島・概要

ワイキキビーチ周辺

 

オアフ島は、ハワイ諸島の中で3番目に大きな島。

 

ハワイにはいくつもの島がありますが、旅行客の90%はオワフ島に滞在します。
つまり、ハワイに行ってきたよと言えば、それはオワフ島に行ってきたと思って良いでしょう。

 

ハワイ州の州都であるホノルル市があるのがオアフ島です。
オアフ島は政治や経済の中心地でもあり、ハワイの玄関口である「ダニエル・K・イノウエ国際空港」があるのもオアフ島です。

 

オアフ島はハワイ観光の拠点地と言える場所です。

 

オアフ島は「ギャザリング・プレイス(集いの場所)」という別名を持つ賑やかな島です。
世界有数のリゾート地として有名な「ワイキキ」や、州都の活気溢れる「ホノルル」、サーファーが集まる「ノースショア」、絶景で知られる「ダイヤモンドヘッド」など観光や見どころもたくさん集まっています。

 

他にも、美しいビーチや自然がたっぷりで様々な楽しみ方ができるのがオアフ島です。

 

また、ショッピング目的の方でも満足できるようなショッピングエリアや、日米の歴史を感じるパールハーバー史跡なども、オアフ島にあります。

 

オアフ島・見どころ

1.ワイキキエリア

ワイキキの海から見るビル群

 

ワイキキはハワイ語で「あふれる水」という意味を持っています。

 

かつてのハワイの王族が避暑地として愛した場所と言われています。
現在は主要ホテルが立ち並び、リゾートエリアとなっていることから世界中から多くの観光客が訪れています。

 

ワイキキは人が集まるエリアということからショッピングやグルメが楽しめる街としても知られ、特に人気があるのはカラカウア通りとクヒオ通り、ロイヤル・ハワイアン・センター、ワイキキ・ビーチ・ウォークなどです。

 

また、「近代サーフィンの父」と呼ばれるデューク・カハナモクの像がクヒオ・ビーチにあります。
ハワイ初のオリンピック金メダリストで、ハワイの英雄でもあるデューク・カハナモクの像はワイキキのシンボルでもあります。

 

その他、ワイキキから見える特徴的な造形が印象的な「ダイヤモンドヘッド」は国の指定記念物に登録されている火山。
ダイヤモンドヘッドに登って山頂から見る日の出は感動そのものです。

 

2.ホノルルエリア

州都のホノルルエリアにも数々の見どころがありますが、まずは「カメハメハ大王像」。
ハワイに来たら一度は必ず見てみたい像です。

 

次いで「イオラニ宮殿」。
カメハメハ大王像の向かいにあります。
アメリカ合衆国唯一の宮殿で1882年にハワイ王朝7代目によって建てられ、1959年にハワイがアメリカの50番目の州になるまでの間、政治の中心だった建物です。
現在は歴史的建造物として一般公開されています。

 

また、「カワイアハオ教会」はオアフ島初のキリスト教教会。
ハワイの海で採れたという1万個以上のサンゴのブロックが使われており、1962年に国定歴史建造物に登録されています。

 

3.ノースショア・エリア

ノースショアの波

 

オアフ島のノースショアは、サーファーが集まるサーフィンの聖地。
世界的なサーフィンの大会が開かれる場所としても有名です。
冬のビッグウェーブを求めて、多くのサーファーが足を運ぶエリアなので、見どころは海やサーフィンですが、サーファーでなくともリゾートとして楽しめる人気のあるエリアです。

 

オアフ島へのアクセス

オアフ島、ホノルルへのアクセスは便数が非常に多いので、利用しやすいでしょう。
成田や羽田の他の空港からもフライトがあります。
所要時間は7時間〜9時間程で日本発は夜が多く、ハワイ発は朝から午後が多くあります。
また、毎日直行便を運航している空港も多いのでアクセス便利です。

 

ハワイ島

ハワイ島・概要

ハワイ諸島の中で一番大きな島が「ハワイ島」。
ハワイ諸島の他の島を全て合わせた広さよりも、さらに2倍近くの広さを誇るのがハワイ島です。

 

ハワイ島は、英語や別名では「ビッグアイランド」と呼ばれ、東側は降水量が多く、西側はリゾートが集まり晴天が多いエリアで、古代ハワイの歴史を感じるような観光スポットが集まっています。

 

また、北側は高山地帯であったりと、1つの島の中に魅力が詰まった島と言えます。
ハワイ島は18世紀にハワイ王朝を統一したというカメハメハ大王の出身地でもあり、古代ハワイアンの史跡が残っています。

 

ハワイ火山国立公園にある「キラウエア火山」はハワイ島にあります。
現在も噴火し続けている活火山で、火の神である女神「ペレ」が住む場所という言い伝えがあります。

 

火山の噴火は激しく情熱的なペレの怒りだと考えられており、現在でも信じている人が多くいます。
溶岩が流れていることから島の地形が常に成長し続けていると言われています。

 

また、ハワイ最高峰のマウナ・ケアは星空から近い場所とも言われ、美しい満天の星空が見れる場所として知られています。

 

ハワイ島・見どころ

1.キラウエア火山

ハワイ島の一番の見どころであり観光名所でもあるのが「キラウエア火山」。
直径約4.5km、深さは130mあり、いくつかの噴火口があります。
キラウエア火山はキラウエア・カルデラとも呼ばれ、標高は1,247m。

 

キラウエア火山の観光には「ハワイ火山国立公園」に入園しなければなりません。
国立公園内は非常に広くトレイルもたくさんあるので、ハイキングなども楽しめます。

 

昼と夜とで異なった表情を見せるので両方を見学するのがおすすめです。
上空からキラウエア火山を見ることができるヘリコプターツアーなどもあり人気を集めています。

 

注意点としては、キラウエア火山の溶岩や砂を持ち帰るのはやめましょう。
ハワイ火山国立公園は溶岩の持ち帰りは禁止としています。
持ち帰った人や家族に災難が降りかかるとも言われています。

 

2.マウナ・ケア

ハワイ最高峰であるマウナ・ケナは標高4,205m。

 

太平洋で一番高い山で、ハワイ島の5つの火山のうちの1つです。
ハワイの言葉で「白い山」を意味するマウナ・ケアは、冬に山頂が雪で覆われることから、この名がつけられたと言われています。

 

マウナ・ケアは、世界各国の天体観測所が集まっている場所としても知られ、星の観測で有名な場所でもあります。
夜には美しい星空、朝にはサンセットを楽しむことができることから観光客にも大人気。
ハワイ島を訪れたら外せない見どころの1つです。

 

マウナ・ケアの山頂に行くためには、レンタカー規制があるためツアーに参加するのが一般的。
マウナ・ケアは4,205mという標高なので山頂付近は空気が薄く、気温もぐっと下がります。

 

標高が高いことから高山病などの恐れがあるので注意が必要。
ツアーに参加するメリットの1つとしては、慣れない環境に対応できるようガイドから指示を受けながら高山病対策ができます。

 

きちんと対策をして備えることによって、美しい満天の星空やサンセットを堪能できる場所です。

 

3.ワイピオ渓谷

ワイピオ渓谷は、ハワイ文明発祥の地と言われている場所。

 

カメハメハ大王が幼少時代を過ごした地で、「王の谷」と呼ばれることもありハワイアンにとっては神聖な土地です。

 

ワイピオはハワイの言葉で「曲がりくねる水」を意味しています。
崖に囲まれた谷で海に面しており、聖なる力がある土地だと信じられています。

 

また、崖には洞窟があり古代の王たちが埋葬されています。
1946年、1979年に大津波に襲われで大きな被害を受けましたが死者が一人も出ませんでした。
その理由は「王族たちのマナ(霊)が谷を守っているから」と伝わっています。

 

ワイピオ渓谷には展望台がありますが、谷底に行くのがおすすめ。
谷底へは4WDで下ることができますが、レンタカーでのアクセスは禁止されているので注意が必要。
ツアーに参加するとよいでしょう。

 

ハワイ島へのアクセス

成田空港、羽田空港から、ハワイ島のコナ国際空港までの直行便があります。
成田空港からコナ空港までは毎日運航、羽田空港からの場合は水金日の運行です。

 

マウイ島

マウイ島・概要

ハワイ諸島で2番目に大きな島「マウイ島」。

 

もともとは2つの島でしたが、ハレアカラ山の噴火時に流れた溶岩によって、1つの島になったと言われています。

 

「マウイ島」のマウイは、半神マウイという英雄の伝説から名付けられています。
ポリネシア全域の神話に登場する英雄で天を持ち上げたり、ハレアカラの頂上から太陽を捕まえたりといった伝説が残っています。

 

ハレアカラ山はハワイの言葉で「太陽の家」という意味を持っています。
ハレアカラ山の山頂からは絶景が楽しめます。

 

マウイ島・見どころ

1.ハレアカラ山

マウイ島の見どころNo1と言えるのがこの「ハレアカラ山」。

 

ハレアカラ国立公園にあり、マウイ島で最も高い3,055mという高さです。
マウイ島のどこからでも見ることができ、日の出を見る最高の場所。
早起きして観光に訪れる人が多くいます。

 

ハレアカラから見る夕日や星空も美しく、マウイ島を訪れるなら外せない場所です。

 

2.イアオ渓谷州立公園

マウイ島で熱帯の大自然を感じることができるのがイアオ渓谷州立公園。

 

1790年にカメハメハ大王がマウイ軍を破りハワイを統一したケパニワイの戦いの舞台でもあった場所です。
渓谷の雄大な姿を見るためには展望台に行くのがおすすめです。

 

イアオ渓谷はハワイ語で「至高の光」という意味を持ち、古代から受け継がれてきているパワースポットでもあります。
現在でもマウイの人々にとっては神聖な場所です。

 

マウイ島へのアクセス

マウイ島は日本から直行便がないので、ホノルルを経由して乗り換え。
ホノルルからマウイ島のカフルイ空港までは所要時間40分程。

 

カウアイ島

カウアイ島・概要

ハワイ諸島の中でも最も歴史が古いといわれるカウアイ島は、長い歳月をかけて作られた渓谷や熱帯雨林などがある自然豊かな島。

 

「太平洋のグランド・キャニオン」とも呼ばれる壮大なワイメア峡谷があり、ガーデン・アイランド(庭園の島)と例えられるような美しい島です。

 

カウアイ島・見どころ

1.ワイメア峡谷

「太平洋のグランド・キャニオン」と呼ばれるワイメア峡谷は、世界一の降水量を持つと言われるワイアレアレ山の雨水の長きにわたる浸食により、現在のような形になったと言われています。
本物のグランド・キャニオンと比較すると小さめではありますが、それでもこの迫力ある美しさはカウアイ島の一番の見どころです。

 

2.ナパリ・コースト

ナパリ・コーストはカウアイ島を象徴する海岸線。
長い歳月をかけ造り上げられたその切り立った崖の景色は、美しく神秘的。
車でアクセスできないので、空か海からのアプローチになりますが、感動間違いなしの絶景が待っています。

 

カウアイ島へのアクセス

カウアイ島は日本からの直行便がありません。
ホノルルで国内線に乗り継いでカウアイ島のリフエ空港に向かいます。
所要時間は約30分。

 

モロカイ島

モロカイ島・概要

ハワイで5番目の大きさの「モロカイ島」は、全長61km。

 

広い場所でも幅はわずか16kmの島です。
ハワイ本来の美しさが残っているといわれ、ゆったりとした時間が流れている場所です。

 

南部はサンゴ礁が45kmほどに渡って広がっています。
ハワイ先住民の血を引く人が多く住んでいるのがモロカイ島でもあり、伝統文化が現在でも息づいています。

 

モロカイ島・見どころ

1.ハラヴァ渓谷

モロカイ島で最も古い歴史を持つ場所であるハラヴァ渓谷。

 

手つかずの自然が残る場所です。
先住民が一番初めて集落を作ったと言われる場所や、展望台からはヒプアプア滝とモアウラ滝の2つが望めます。
ハラワ渓谷にたどり着くまでのドライブがすでに冒険心をくすぐるような場所です。

 

モロカイ島へのアクセス

モロカイ島へは日本からは直行便がないので、ホノルル空港で国内線に乗り継ぎ。
ただし、ホノルルとモロカイの路線自体が便数が少ないので、モロカイ島に行く場合は事前にスケジュールを組んでから行くようにしましょう。

 

ラナイ島

ラナイ島・概要

ラナイ島は、ハワイ諸島の中心部に位置している火山島。

 

信号が1つもない島で、島の多くの部分は未開発。
ハワイ諸島の中でも人口が最も少なく、地上の楽園ともいわれるような島。

 

かつてはパイナップル農園で栄えた島で「パイナップル・アイランド」と呼ばれていたこともあります。

 

ラナイ島・見どころ

1.ケアヒアカヴェロ

神々の庭園と言われるケアヒアカヴェロは、自然石の庭園。
長きに渡り浸食して作られた巨岩や奇跡石が並んでおり、その地層や石の姿には圧巻されることでしょう。
夕暮れ時にはその美しい姿が太陽の光に照らされて、とても神秘的な姿を見せてくれます。

 

2.フロポエ湾

1997年に全米ベストビーチに選ばれたフロポエ湾。
真珠のように白く輝く砂浜と、澄んだ青い青い海が広がる美しい湾です。
年間を通して穏やかなことから、シュノーケリングや海水浴に訪れる人も多く、イルカがビーチに集まってくることでも人気です。
また、冬にはザトウクジラも見られることでも知られています。

 

ラナイ島へのアクセス

ラナイ空港があるので、オアフ島のホノルル国際空港からフライトでアクセス可能。
ホノルル国際空港から約30分。

 

まとめ

ノースショアのウミガメ

 

ハワイ諸島のメイン6島の見どころやアクセスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ハワイは人気の観光地ですが、6島それぞれが異なった美しい魅力を持っています。
魅力的で神秘的なハワイですが、どのようなハワイを楽しみたいかによって、訪れてみたい島や目的も変わってくるのではないでしょうか。