ハワイでのチップについて

hawai-tixtupu

日本人の人気の海外旅行先「ハワイ」。
ハワイ旅行では、ホテルでの時間やレストランでの食事も楽しみの一つですよね。
その際に必要になってくるのが、日本人には少し馴染みの薄い「チップ」です。

 

日本にはない習慣なのでなかなか慣れないチップですが、ハワイ旅行をする上ではチップのマナーはわきまえておきたいものです。
チップはなぜ渡すのか?
相場はいくらなのか?
渡し方はどのようにしたらいいのか?

 

など様々な疑問がわいてきます。
ここでは、ハワイ旅行をする際に覚えておきたいチップのあれこれを、わかりやすくご紹介していきます。

 

チップとは?

手から手にチップを渡す

そもそもチップって、何なのでしょうか?

 

初の海外旅行でハワイを訪れる場合やチップが必要な国へ旅行する場合、チップに戸惑ってしまうこともよくあります。
日本にはチップの習慣がほぼないので、チップはどのようにしたらいいのかわからないことの1つですね。

 

チップとは「サービスを受けた際に、サービス料」として、その心づけである料金を渡すことです。

 

日本ではチップを渡す習慣がないことからサービスは「無料」という認識があることもありますが、海外ではサービスを受けたらそれは有料と考えます。
その受けたサービスをチップとして渡すというのがマナーになっています。
地域にも差がありますが、チップが必要な国やハワイを訪れた際にチップを渡さないと、「マナーを知らない日本人」と思われてしまい、日本人に対する対応が冷たくなることもあります。

 

ハワイの旅行を楽しむために、チップのマナーを知るとハワイの旅がより一層楽しいものとなることでしょう。

 

チップはなぜ必要?

ハワイのウエイトレス

 

アメリカ合衆国の領土であるハワイ、その他のチップがある国々では、実はサービス業の賃金が低く設定されていることがほとんどです。

 

ホテルのドアマンやベルマン、レストランのウエイトレスやウエイターなどをはじめとするサービス業という職種はチップを受け取るという前提から、給与が低く設定されていることがほとんど。
そのため、サービス料として受け取ることができるチップは収入の重要部分になります。

 

逆にお客様と接することがないような職種はチップを受け取ることができないため、給与の設定は高かったりすることが多いです。

 

サービス業の場合は、チップの収入を含めて他の職種の人々と同じような給与になることから、チップは生活の糧であり、チップは死活問題にもつながります。
課税対象にもなっているので収入として申告されています。

 

このような点からも、お客様と接する機会が多いサービス業はチップがとても重要な役目をはたしていることが伺えます。

 

チップは「心づけ」というよりも「給与の一部」であると考えると、チップを渡す必要性があることに納得できるでしょう。
チップを払わないということは、マナーを知らないというだけでなく、マナーに違反することであり非常識と思われます。
チップは日本にない習慣ではありますが、ハワイだけでなくチップが必要な国に旅行するのであれば郷に入っては郷に従えということですね。

 

難しく考えずに、「チップは渡すものである」という考え方をしましょう。

 

どんな時にチップを払う?

ハワイで使うドル札

 

実際、ハワイ旅行でどのような時にチップは必要なのでしょうか?
ハワイでチップが必要になるパターンは、大きくわけて以下のような状況時と考えられます。

 

・ホテル到着時に、ドアを開けてくれ荷物をデスクまで運んでくれるドアマン
・デスクから宿泊する部屋まで荷物を運んでくれるポーター
・ホテルの客室のベッドメイキング
・ホテルの客室でのルームサービス
・ホテルのコンシェルジェ
・レンタカーなどのバレーパーキング(車の出し入れ)
・タクシーのドライバー
・レストランのウエイトレス、ウエイター
・バーのウエイター
・ツアーに参加した際に、ガイドやツアーのバスのドライバー
・美容院やエステ、ネイルなどに行った場合
・オプショナルツアーに参加時(チップが込みになっていない場合)

 

※その他、迷惑をかけてしまった場合や、ありがたく感じるサービスを受けた場合にチップを渡します。

 

チップを払わない時はどんな時?

ハワイ旅行中でも、チップを払わなくていいパターンもいくつかあります。
ここではチップを払う必要がない時はどのような時かをご紹介します。

 

ファストフード店、フードコード利用時

ファストフード店やフードコートを利用する場合はチップは必要ありません。
また、スターバックスのようなカフェでもチップは必要ありません。
自分で席まで運び、食後は自分で片づけることからチップは必要ないと考えればいいでしょう。
またお弁当を買って持ち帰りする場合にもチップは必要ありません。

 

ただし、レジの横などにチップボックスが置いてある場合に、チップを入れるのは喜ばれます。

 

ツアー参加時

日本からパックのツアーなどの参加は、荷物を運んでもらうなどの内容のチップは、最初からツアー料金に含まれていることがあります。
このような場合、チップは基本的には不要です。
申込時などに料金に「チップ込み」が明記されているかを確認するといいでしょう。

 

ただし、オプショナルツアーに参加する場合はチップが必要なこともあるので注意が必要です。
オプショナルツアーでは参加後にチップボックスが用意され「チップをお願いします」などと声をかけられることもあります。
楽しい時間が過ごせたからとチップを奮発する方も多くいます。

 

チップがすでにサービス料に含まれている時

ハワイは日本人の旅行者が多く訪れていますが、チップに慣れていない旅行者が多いことから、チップが含まれていることがあります。
このような場合はチップを渡す必要はありません。
レシートをチェックしてチップ(サービス料)が含まれているか確認しましょう。

 

チップの渡し方

知らないと困るハワイでのチップのルール!相場、渡し方、カード払いなどをご紹介

 

それでは、チップはどのように渡したらいいのでしょうか?
初めてで慣れない方も多いかもしれませんが、さりげなくスマートに渡したいものです。
ここではチップの渡し方やポイントなどをご紹介します。

 

チップはお札が基本!

チップはお札で渡すのが基本です。
コインなどで渡そうとする方もいますが、コインは基本的にはNG。
同じお金には変わりありませんが、コインは失礼にあたります。

 

そのため、1ドル札はチップのために使うと考えてたくさん用意しておくのがベター。
ハワイに到着してからすぐにチップを払うことが多くなるので、日本から両替しておいたりハワイの空港で両替する際にも1ドル札はたくさん用意しておくといいでしょう。

 

また、チップはスムーズに渡せるのが何よりもスマートで理想的です。
荷物を運んでもらったりした場合に渡すチップは、財布から取り出すのではなくポケットからさりげなく出して渡せたらスマートです。
チップ慣れしている国の方々はポケットにチップ用のお札を忍ばせていることが多いです。
ポケットからさりげなく出して、笑顔でお礼を伝えながら渡せたら好感度もアップすることでしょう。

 

現金で支払う場合

ハワイのドル並べてる

 

レストランで食事をした場合に現金でチップを支払う場合は、会計時やレストランを去る時に支払います。
会計時に合計金額より多めに渡し「おつりはいらない(No Change)」、「おつりはとっておいて(Keep the change, please)」と言ってチップを渡すことも可能です。

 

また、おつりの金額が大きいのでおつりを一旦もらってから、おつりの中からチップを渡すということも可能です。

 

レストランに限らずタクシーなどでも、少し多めに支払いおつりをもらわずにチップを含めた金額を渡すという方法もスマートです。

 

クレジットカードで支払う場合

クレジットカード

 

レストランで食事をした場合、カードで支払いする方も多いことでしょう。
ハワイでは基本的にテーブル席に着席したまま支払いをすることが多いです。
そのため、レストランのスタッフが伝票を持ってきたらまずは伝票を確認します。

 

その際、伝票にはチップの記入欄があります。
ペンも用意されているのでチップの金額を記入し、スタッフにカードを渡し清算してもらいます。

 

もしチップの記入欄がなければ、チップを含めた金額を書き直してもOK。
清算してもらってから持ってきてくれたレシートにサインをすればOKです。

 

近年、ハワイではチップを払わない日本人が多いからか、チップの目安として15%〜20%の金額が書かれた伝票が発行されることがあります。
このような場合は、目安であるチップの金額をスタッフに伝えてカードで精算してもらえばよいでしょう。

 

チップの相場は一体いくら?

サービスに対しての料金であるチップには金額に決まりはありませんが、それぞれに大体の相場があります。

 

ハワイ旅行中に必要になるチップの相場をあらかじめ把握しておくのがおすすめです。
ここではそれぞれのシチュエーションごとのチップの相場、ポイントをご紹介します。

 

ホテル利用時

ホテルフロント

 

ルームキーパー、ベッドメイキング

チップ:ベッド1台につき1〜2ドル

連泊する際でも、毎朝部屋を出るときに枕の上などわかりやすい場所に置いておきます。
また、部屋を汚してしまった時やゴミが多い時などは多めに置いておきます。
スイートルームなどに宿泊する場合は、10ドル程度置くなど、宿泊する部屋のランクによっても変動します。

 

ルームサービス

チップ:料金の15%〜20%

部屋運んでもらって、帰る時にチップを渡します。
あらかじめチップが含まれている場合もありますのでルームサービスのメニューを確認しておくといいでしょう。

 

ルームサービス以外のちょっとしたお願い時

チップ:1ドル

ルームサービスとは異なり、例えばグラスや氷、お湯を持ってきてもらったりするような場合は1ドル程度を渡します。

 

ポーター

チップ:荷物1つにつき1ドル

部屋に荷物を運び終わった際に手渡しします。

 

バレーパーキング

チップ:2〜3ドル

車を預ける入庫時にはチップは必要ありません。
出庫時に車を持ってきてもらって車を受け取る際にチップを渡します。

 

ドアマン

チップ:1〜2ドル

中級や高級なホテルにはポーターとは別にドアマンがいます。
車寄せをしたり荷物をベルデスクに運んだりしてくれます。
チップは荷物を運んでくれた後に渡します。

 

プールサイドのドリンクオーダーなど

チップ:1回ごとに1ドル

 

フロント・コンシェルジュで予約を依頼

チップ:1回1ドル

タクシーを呼んでもらったり、レストランの予約を依頼した場合にチップを渡します。
ただし、道や店を聞いたりする場合にはチップは不要です。

 

レストラン利用時

レストランの利用

 

チップ:普通のカジュアルなレストランであれば15〜18%、高級レストランの場合は20%〜

普通のカジュアルなレストランとはセルフサービスではないレストランのことを指します。
ファミレスであってもオーダーを取りに来てくれ料理を運んでくれるレストランの場合は最低でも料金の15%は渡します。
高級レストランの場合は20%以上は渡します。
アメリカ本土からハワイに訪れる旅行者は25%程度払う人が多いそう。

 

チップは、現金やカードなどで支払い可能で会計時に支払います。

 

タクシー利用時

ハワイのタクシー

 

チップ:タクシー料金の15%と、荷物の積み下ろしなど荷物1つにつき1ドル

タクシーの場合、大きな金額で支払ってもらうと、チップ込みの金額だと思われおつりをくれないことがあるので、英語に自信がない方はチップ込みの料金をおつりなしで支払うのがスムーズです。

 

また、タクシー料金とチップは目的地に到着して荷物を降ろしてもらってから車外で支払うのがポイント。

 

オプショナルツアー利用時

ドルフィンアンドユーのオプショナルツアー

 

チップ:料金の10〜15%

オプショナルツアーにはチップが含まれているものと、含まれていないものがあるので事前に確認しましょう。
含まれていないツアーの場合はツアー終了時にガイドに渡します。
楽しい時間が過ごせた場合には多めに渡してもいいでしょう。

 

エステやスパ利用時

チップ:料金の15〜20%

日本人が多く訪れるような店舗では伝票に15%〜20%などのチップの目安が記載されてくることがあります。
会計時にチップ込みの金額を支払います。

 

空港やシャトルバス利用時

ハワイの空港内のバス

 

チップ:荷物1つにつき1ドル

空港のタクシー配車係や、シャトルバスなどドライバーが荷物の積み下ろしをしてくれた場合は、荷物1つにつき1ドル、重い場合は2ドル程度渡します。

 

チップの金額は難しく考えなくてよい

チップの金額には相場がありますが、受けたサービスの満足度が高ければ多めに渡したら相手も喜んでれますね。

 

ただ、あまりいい接客を受けなかった場合や不快に感じた場合は、チップを払いたくないという気持ちになりますが、それでも最低限のチップは支払うのがマナーです。
マナー違反にならないように、失礼のないように心がけましょう。

 

レストランでの食事やタクシー利用時などのチップはパーセンテージで考えますが、それ以外のチップの相場は1〜2ドルがほとんどですので、ハワイ旅行が初めてでチップに慣れないとしても、難しく考える必要はありません。

 

まとめ

ハワイのチップ事情についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

慣れないチップですが、「チップは渡すもの」という認識を持っていれば難しいものではありません。
ハワイではチップが必要になる場面が多くあるので、1ドル札はチップ用として用意しておくのがおすすめです。

 

楽しいハワイ旅行にするためにもハワイのチップ事情を知り、感謝の気持ちを込めてチップを渡してくださいね。