ゆふいんの森の料金

ゆふいんの森に乗るには、乗車券と特急券が必要です。

 

博多から湯布院までの特急券1,740円。
・大阪市内から湯布院までの乗車券11,020円。
・大阪から博多まで新幹線(自由席)4,870円。
・締めて料金17,630円。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】


 

JR特急ゆふいんの森3号

10:25博多発の「JR特急ゆふいんの森3号」。

 

「ゆふいんの森」は、形も色も独特。これぞ「ゆふいんの森」って感じですね。

 

では、今からこれに乗って湯布院まで行ってきます。

 

乗車時間は、2時間9分の予定。到着予定は、12:34分ですから湯布院でお昼ご飯を食べたいと思います。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

さすが・・・
と思ったのが、出発ぎりぎりまで、ゆふいんの森号の前で記念写真をとってくれることです。ゆふいの森の乗務員さんはサービス精神旺盛。なので先頭車両の前には人だかりができています。いい思い出になります。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ゆふいんの森3号のボディには、ローマ字でゆふいんの森と書かれています。これ雰囲気がありますね。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

もう出発の時間です。さあ、ゆふいんの森3号に乗り込みましょう!

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

列車の中はどうなっている?

乗り込んで左を見ると、おお・・のれんが・・・

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

そしてこのような席が・・・
ゆふいんの森は全席指定席で自由席はないと聞いていましたが、このような番号が指定されていない席もありました。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

これがゆふいんの森の座席。品のある柄の布で覆われており、すわり心地は悪くない。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ゆふいんの森3号は、リクライニングシートでした。ひじ掛けの下についているレバーを操作すると椅子が倒れるようになっています。古いというよりもアンティークな感じがします。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ひじ掛けの中にテーブルが内蔵されていますので、お弁当も食べることができます。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

カーテンとカーテンレール。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

金色の房かけがカーテンの色とよくマッチしています。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

壁に設置されているライトと金色の網棚。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

天井の照明。大きな窓。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

使い古された味のあるフローリング。いろいろな要素が他の列車にはない独特の空間を作り出しています。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

サロンスペース

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

ゆふいんの森にはサロンスペースがあります。

 

湯布院に到着する前に湯布院の観光案内をしてくれるのですが、その観光案内を聞きたい人はここに集まります。

 

観光案内はいつするのでしょうか。それは、湯布院に到着する少し前。車内放送でサロンスペースに集まるように指示があります。観光案内が聞きたい人は、放送を聞き逃さないようにしましょう。この観光案内を聞きに行くと湯布院の見どころが聞けるだけでなく、「湯布院マップ(まち歩きマップ)」がもらえます。

 

サロンスペースは床、天井、壁のすべて木。いい感じの空間です。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

窓が大きいので外の景色が良くわかります。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

テーブルと椅子があり、ゆふいんの森号25周年の歴史などを見ることができます。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

川を渡るゆふいんの森3号。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ちょっと見にくいですが、滝も見ることができます。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

ビュッフェ

サロンスペースの隣の車両には、ビュッフェと呼ばれる食堂車のようなものがあります。コーヒーやアイスクリームなどを買うことができます。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ビュッフェでは、乗車記念車証(無料)に乗車記念スタンプを押すことができます。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

座席のポケットに入っていた「湯布院の味 ゆふいんの森」と題されたメニュー。これを見るとビュッフェでは以下のものが売られているようです。観光列車なのに値段を見てみると意外に安い。ここで弁当を買って座席で食べるのもいいかもしれません。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

食事

・ゆふいんの森弁当 1,030円
・ゆるいんわっぱ(弁当) 720円
・あんかけ焼きそば 720円

アルコール・おつまみ

・安心院ワイン 390円
・おすすめの生ビール 410円(1世)、520円(2世)
・ゆふいん燻製ソーセージ 570円
・ゆふいん燻製ロースハム 570円
・ゆふいん燻家鶏もも身の燻製 570円
・ゆふいん燻家スモークチーズ 410円

飲み物

・ゆふいんの森オリジナルコーヒー 310円
・ゆふいんフローラハウスのフレッシュハーブティー 310円
・麻生茶舗 ゆふいん緑茶
・食工房 風曜日の生ジュース 360円
・ゆふいんサイダー150円
・おさんぽ茶 150円
・アルカリイオンゆふいん温泉水 170円

ティータイム

・山荘無量塔Pロール 470円
・草庵秋桜女将の手作りチーズケーキ 430円
・草庵秋桜特性プリン 360円
・森の工房 ぽりんとう 360円
・大豆アイスクリーム 310円
・バニラアイスクリーム 310円

お土産

・草庵秋桜 豊後牛・豊後椎茸しぐれ煮 820円
・草庵秋桜 豊後牛肉味噌 720円
・草庵秋桜 豊後冠地鶏味噌 720円
・盆ショコラ 1,400円
・ゆふいんの手作りおはぎ 350円
・日田のとうふまんじゅう 310円

オリジナルグッズ

キャップ 2,060円
木製ボールペン 820円
携帯ストラップ 820円
キーホルダー 720円
ピンズ 360円・520円
タオルハンカチ 410円
オリジナルキャンディ 310円
クリアファイル 260円
ポストカード 460円

 

※2015年3月19日現在の情報です。

 

ゆふいんの森その他サービス

ゆふいんの森では、記念の写真を撮りませんか?と声をかけてくれます。乗車記念のプラカードを手に持ち、駅員の帽子をかぶると乗務員がパシャリと写真をとってくれるわけです。たぶん無料です。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

ゴミを集めに来てくれたりもします。

 

いたれりつくせりのリゾート列車。
サービスが行き届いていますね。

 

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】


ゆふいんの森トイレ

ゆふいんの森のトイレは男女共用です。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

列車のトイレなので狭いね。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】


ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】


 

湯布院に到着

予定通り湯布院に到着。博多から2時間9分の旅でした。
ゆふいんの森3号の中をうろうろしていたし、椅子のすわり心地も良かったので全然疲れませんでした。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

ゆふいんの森の乗務員さんのクイズで、湯布院駅は何色でしょう?答えは黒色。というのがありましたが、本当に湯布院駅の色は黒です。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

 

さよならゆふいんの森3号。別府へと旅立ちました。

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】

おすすめの由布院の宿(旅館・ホテル)はここだ!

別府市内 人気高級宿ランキング

ゆふいんの森号【料金・食事・内装・座席・トイレ・景色】関連ページ

湯布院の観光・ランチ
湯布院で有名な金鱗湖の他、湯布院の穴場の観光地や安くておいしいランチなどもご紹介します!
レゾネイトクラブくじゅう
3月のレゾネイトクラブくじゅうに行ってきました。ホテルの料理やお部屋の写真、レゾネイトクラブくじゅうの周辺の景色をカメラに収めてきました。雲海が素晴らしいです。